子どもの運動神経を良くしたい方はanimom Junior clubがお勧め!

子どもの運動神経が飛躍的に伸びるゴールデンエイジを逃さない

こんにちは!

芦屋市にあるジムanimom(アニモ)です!

 

アニモでは、セミパーソナルトレーニング、パーソナルトレーニング、子ども運動教室animom Junior clubを通じて様々なクライアントの健康をサポートしております!

 

本日は子ども運動教室animom Junior clubについての記事になります。

 

運動神経の良さが決定付けられると言っても過言ではない『ゴールデンエイジ』ご存知ですか?

 

子どもの成長期には神経系が成人に近いレベルまで発達するゴールデンエイジと呼ばれる時期があります。

 

このゴールデンエイジとその前のプレゴールデンエイジの過ごし方によって運動神経の良さが決まります。

 

ゴールデンエイジとは5歳〜12歳頃と言われています。

 

5歳〜9歳ぐらいまでをプレゴールデンエイジ、10歳〜12歳をゴールデンエイジと呼ばれています。

 

プレゴールデンエイジは早い子どもで2歳から始まります。

 

6歳くらいまでをプレゴールデンエイジ前半とするとプレゴールデンエイジ前半と後半ですべきことは違います。

 

animom Junior clubでは、2歳から未就学児のお子さんや小学校低学年のまさしくプレゴールデンエイジのお子さんが多数お越しになられています。

 

animom Junior clubではプレゴールデンエイジ前半と後半で何を意識し取り組んでいるのか紹介していきます!

 

プレゴールデンエイジ前半はとにかく楽しい気持ちを!

プレゴールデンエイジ前半はとにかく楽しい気持ちを育みながら運動ができることが大切です。

 

正確な動きが求められたり、チームの勝ち負けがあったりするスポーツではなく身体をめいいっぱい動かし、さまざまな動作に触れ合うこと。

 

骨も筋肉も発達途上のこの時期は、特定の競技に固執せず、歩く、走る、跳ぶ、投げるなど、基本的な動きをたくさんすることが大事。それが将来、あらゆるスポーツの基礎となります。

 

animom Junior clubではさまざまな動きのパターンをバランス良く行い習得していきます。

 

また運動することは楽しいと感じられて、運動が好きになることは運動に自ら触れ合いたいと思う気持ちを育みます。

 

プレゴールデンエイジ後半からは達成感を!

プレゴールデンエイジ後半の6歳頃から身体の造りもしっかりしてきて筋肉も発達してきます。

 

言葉の意味も正しく理解でき、ルールがある運動も楽しめる時期になります。

 

この時期に大切なことは『達成感』です。

 

頑張って乗り切った後の達成感や満足感で心を満たすと自信がつき、その自信がどんな運動にもチャレンジする心を育てていきます。

 

運動は楽しい、難しいことがあっても出来たときに喜びがあるということをプレゴールデンエイジ期に身体に覚え込ませることで直感的な動きが求められるゴールデンエイジ期にも抵抗なくスポーツや運動を続けられるように成長します。

 

 

運動神経を伸ばすには年齢や発達段階に適した運動をすることが何より大切です。

 

芦屋の子ども運動教室animon  Junior clubではマット運動やボール、バランス系のアプローチから足育、ヨガまで様々な要素を取り入れ、子どもたちが思い切り運動ができるようにプログラムしています。

 

ゴールデンエイジという一生に一度だけ訪れる運動神経が伸びる黄金期のタイミングで運動環境を整えることで運動神経はぐんと伸びます!

 

 

保育園や幼稚園の年少、年中、年長さん小学校低学年頃などの早い段階で運動習慣をつけ始めていくことは大切です。

 

芦屋の子ども運動教室animom Junior clubは2歳からご参加いただけます。

 

芦屋の子ども運動教室animom Junior clubは現在2歳〜保育園、幼稚園の年少年中年長さんも多数在籍しております。

 

幼少期からたくさんの運動に触れ合う機会を作りたいとお考えの方はぜひ芦屋の子ども運動教室animom Junior clubまでお越しくださいませ。

体験会申し込み・お問い合わせ

友だち登録でLINE予約可能!
さらに特典GET!
  • 特典1健康情報や休館日などを配信
  • 特典2LINEお友達限定クーポン配信!
営業時間
9:00-21:30
  • 日・祝9:00-18:00
  • 定休日毎月29日から月末

この記事をシェアする

関連記事

子ども運動教室入会金無料