こどもに多い膝の痛みはなに!?芦屋のジムトレーナーが教えます! | 芦屋市のジムでなりたい自分の達成

2018/05/27 | category初めてでも安心!!カラダのメカニズム

こどもに多い膝の痛みはなに!?芦屋のジムトレーナーが教えます!

こんにちは!

 

芦屋市にあるジムConditioningLABOanimomの西脇です!

 

今回は、ジャンパー膝とオスグットについて紹介します。

 

この二つはみなさん聞いたことがあるでしょうか。

 

学生の方でスポーツ、トレーニングをされている方などは聞いたことのあるものが多いと思います。

 

芦屋にある当ジムでも膝の痛みを抱えるこどもがいます。

 

まず、オスグットから紹介していきます。

 

オスグットは小学校高学年から中学生の年代で起こります。

 

特徴としては、膝下の骨が飛び出てくるのが特徴です。

 

しかも、これを押すと飛び跳ねそうなくらい痛いです。

 

なぜ、オスグットになるのか。

 

それは、成長期の年代では骨と筋肉、腱の強度を比べると骨のほうが弱いのです。

 

骨のほうがよわくて、もも前から膝下までついている大腿四頭筋が硬いと膝下の部分が引っ張られます。

 

硬い状態で膝に競技やトレーニングなどで負荷をかけ続けると腱が骨を引っ張り剥離しようとします。これを繰り返しているうちに骨は隙間を埋める為に骨化していきます。

 

だから、膝下の骨が飛び出してきます。

 

これがオスグットです。

ですから成長期にあるこどもたちにはトレーニングの強度・負荷を工夫していく必要があります。

芦屋にある当ジムaninomでも成長期にあるこどもたちへのトレーニングには注意しています。

 

次に、ジャンパー膝を紹介していきます。

 

ジャンパー膝は、高校生以降の方で起こりやすい膝疾患です。

 

オスグットとつながっていて、オスグットは筋肉よりも骨が弱いという紹介をしましたが、ジャンパー膝の場合は逆です。

 

高校生以降になると、骨の成長が止まり強固なものとなります。

 

今度は、骨のほうが強くなるので筋肉や腱が負けてくると膝のお皿の下あたりが痛くなってきます。

ジャンパー膝もオスグットと同様にトレーニングを工夫なければなりません。

 

小学校、中学校ではオスグットになっていたけど高校卒業するころには骨の痛みは消えていきます。

 

骨の成長が止まり骨化も終了した証拠です。

 

しかし、大腿四頭筋の柔軟性が不十分なまま競技やトレーニングを続けているとジャンパー膝になってしまうので注意してストレッチやトレーニングはしていきましょう!

芦屋にある当ジムanimomではそういったリスクを抱えるこどもたちを適切にトレーニングしていきます。

 

パーソナルトレーニングセミパーソナルトレーニング

体験は随時行っておりますので、

ご興味ある方は芦屋市にあるジムConditioning LABO animomまでお問い合わせください(^^)

【Conditioning LABO animom公式LINE!!】

お得な情報満載ですので是非チェックしてみてください♫

友だち追加logo_animom_fb_16427

Conditioning LABO

animom

兵庫県芦屋市宮塚町3-4-102

0797-35-3355

芦屋のジム、animomです!!

「痩せたい」「スポーツ種目で強くなりたい」「健康を維持したい」

これら皆さんの想いを叶える為のジムです!!

ぜひ一度体験してみてください!!

ジムでのトレーニング体験も随時受け付けております♪♪

ご覧頂いた方は今すぐにお問い合わせください♪

0797-35-3355

animom HP

芦屋のジム

http://imr5.heteml.net/animom/conditioning-menu/#menu1

体幹トレーニング

http://imr5.heteml.net/animom/conditioning-menu/

ダイエット

http://imr5.heteml.net/animom/geki/

こどもの教室

http://imr5.heteml.net/animom/goto-type-menu/

カラダの事を知る

http://imr5.heteml.net/animom/news/blog/

動かし方を知る

http://imr5.heteml.net/animom/news/blog/

思いのままカラダを動かす

カラダの動かし方を意識する

http://imr5.heteml.net/animom/news/blog/

 

初めてでも安心!!カラダのメカニズム一覧へ戻る