【美姿勢ってなんだ?】 | 芦屋市のジムでなりたい自分の達成

2020/07/05 | category更新情報, 運動と健康を考える, ブログ

【美姿勢ってなんだ?】

こんにちは!芦屋市でパーソナルトレーニング・セミパーソナルトレーニング

子どもの運動教室をしているジムConditioning LABO animomの高崎です!

 

この記事は…

・美姿勢を定義する

・美姿勢のメリット

・美姿勢をつくる・維持する

について書かれています。

 

 

セミが鳴き始めた芦屋市では、蒸し暑い日と涼しい日が交互に繰り返され、

日に日に夏の訪れを感じるようになってきました。

 

湿気と身体の不調は連動しやすく、湿気の不快感とともに身体の不調を感じる方も多いのではないでしょうか?

今回はそんな不調を吹き飛ばす、ひとつの施策をご紹介します。

 

また、今回の記事は姿勢がテーマでありスタイルを良くしたい方にとっても十分に知っていただきたい内容となっています。

 

 

【美姿勢とは何か?】

 

よく、「姿勢よく」とか「背筋を伸ばして」と言いますが一体どういうことなのでしょうか?

ここを明らかにせずには、美姿勢に対してアプローチできません。

 

結論から言うと「見た目が美しい姿勢」であることよりも、

「身体を最も効率よく支えられている」

ことが美姿勢であると言えます。

 

だからこそ、力の抜けた隙のないスラッとした立ち姿になり見た目も美しくなるのです。

 

では、どうしてそのような身体を最も効率よく支えられている姿勢が美姿勢と言えるのでしょうか?

 

まず、背骨は身体を支える働きがあり、重力に対して常に仕事をしています。

下に骨格を示していますが、下向きの重力に対して圧を分散するS字構造をしていることがわかります。

この前弯と後弯を繰り返す構造によって背骨へ直接かかる圧力を軽減しています。

 

しかしながら、この前弯後弯が強すぎると重力の分散どころか支える力さえも失ってしまいます。

つまり、適度な位置に背骨が位置していることこそが重要であると言えるのです。

 

姿勢不良の代表例は、猫背ですよね。

一般に猫背というのは背中が丸まり、顔が前方に突出していることを言います。

この姿勢の最大の問題点は、頭の位置です。

 

頭の位置が前にあるということは、それを支えることが必要となり無駄なエネルギーが使われてしまいます。

どれくらいの無駄がでるかというと、想像してみてください、イメージは手に6キログラムの重りをもって少し身体の前に出している状態で生活するようなものです。

6キロを支えながら生活するのは決して楽とは言えませんね。

 

スラッと美しく立つには、力が抜けていて重力に対して最も少ない力で立っていることが必要なのです。

また、頭の重さはだいたい体重の10%と言われていますから、それを筋力で支えているとなると支えている筋肉に障害が出てきてもおかしくありません。

 

本来、身体を支えるのは骨、動かすのは筋肉(正確には少し違いますがイメージはこの通りです)となります。

つまり筋肉で身体を支えるというのは運動を阻害し、本来の働きとは異なる使い方をしてしまっているということなのです。

これによって出てくる障害は、肩こりや腰痛、また肩こりから頭痛や疲労感などの症状を引き起こすことがあります。

 

これらは全て先に述べた「筋肉で身体を支える」ことが引き起こす障害です。

さて、本来の筋肉と骨の働きから考えると頭の重さや重力を支えるのは骨であることがわかると思います。

よって美姿勢とは骨の配列を整えていくことが、課題ということになります。

 

 

【美姿勢のメリット】

美姿勢であることのデメリットなどありません。

以下にメリットを示しますので、後ほど詳しく解説していきます。

 

・あらゆる不調の改善

・太っても痩せて見える魔法

・ストレス環境の改善

まだまだあるのですが、今回はこれだけをピックアップしています。

 

まず、不調の改善ですが前の項目で触れましたが猫背に代表される姿勢不良は、

筋肉に無駄なエネルギーを大量に使わせるために周囲の筋肉の疲労やコリを引き起こします。

 

多くの肩こりや腰痛は姿勢不良から来ており、骨が本来の「身体を支える」と言う働きをしてさえいれば、さほど心配はなくなります。

 

次に、痩せて見える魔法ですがこの項目には需要がかなりありそうなので気合を入れてご説明します。

私が述べた「太る」と言うのは「体重」のことです。

そして「痩せて見える」は「見た目」です。

 

つまり体重が増えても「痩せた?」と周りに言わせる魔法が美姿勢ということです。

 

端的に言うと、姿勢不良の状態では太って見えてしまうが、美姿勢であるだけで痩せて見えるということです。

試しに、ソファなどの椅子に腰掛けていただき、だらっとしてください。

そしたら服をめくってお腹を見ましょう。

太ってみえますよね。と言うか脂肪が強調して見えます。

 

これは、特別座っているからと言うわけではなく、だらっと立っていたら同じことです。

逆に言うと、スラッと美姿勢を作れていれば脂肪は目立たなくなり誰もが痩せたと思うということです。

実際に、体重は増えていても見た目はスラッとした人は、今までに数多くいらっしゃいます。

食事の工夫なども減量には必須ですが、一番に変化が出るのは姿勢からだと言うことです。

 

さらに、ストレス環境の改善については姿勢不良だと血液の循環などが悪くなり自律神経に悪影響を及ぼすことになります。

美姿勢は身体に関節の角度も正常に保たれるため全身において負担の少ない姿勢となります。

 

また、猫背などの姿勢不良では肺の活動が著しく阻害されるため一回の呼吸で取り入れ、排出される空気の量(一回換気量)が減少します。その結果、呼吸が浅くなり必要十分量の酸素を確保できません。

そうすると身体は呼吸数を増やすことで酸素の確保を試みます。

 

呼吸数が増えるのはどんな時でしょうか?

緊張した時や、驚いた時などストレスを感じた時ですね。

※運動した時は単純に酸素の消費量が上がっているので該当しません。

 

呼吸数の増加はストレスレベルとリンクしているのです。

つまり、美姿勢を保ち呼吸を整えることでストレスからも解放されやすいということです。

 

 

【美姿勢を作る・維持する】

 

ここまで美姿勢であることの意義についてお話ししてきましたが、

ここからはその作り方についてお話ししていきます。

 

美姿勢は単に、美しい立ち方ではなく最も効率よく身体を支えられる姿勢と定義づけました。

これは、よく言われる骨盤を立てて胸をはることでは達成できません。

 

どこまで立てるのか?どのくらい胸を張るのか?

その基準がないためです。

 

美姿を作るためにはトレーニングによって自分の身体の状態と向き合い知ることで、

いい状態をイメージできることが重要です。

 

例えば、スクワットなどで自分にとっての高重量をいかに楽に持てるか、などはわかりやすい目安になります。

腰が痛くなる場合や、背中が丸まってしまう場合は美姿勢を作れていないと言えます。

 

誰もが当てはまる「これをやれば大丈夫」的な美姿勢の作り方は存在しません。

それぞれのクセを把握した上で、改善していくことが重要となります。

芦屋のジムanimomではこういった姿勢の改善から、運動パフォーマンスの向上、スタイルアップ、健康維持などをサポートしています。

 

子どもから大人、シニア世代まで幅広くサポートいたします。

ご興味のある方は是非一度体験にお越しください!

 

この記事の筆者

高崎 睦也:関西学院大学人間福祉学部を卒業後Conditioning LABO animomでトレーナーとして活動。子どもの運動教室からトップアスリート、高齢者まで様々なクライアントのカラダづくりに携わる。

 

監修

柔道整復師  松本 哲:大学卒業後国家資格である柔道整復師の資格を取得。2012年Conditioning LABO animom設立。スポーツ選手芸能関係者から子どもまで、多くのクライアントの肉体改造や治療に携わる。あしや鍼灸接骨院院長/柔道整復師/日本サッカー協会公認B級コーチ/キッズリーダー

 

 

 

パーソナルトレーニングセミパーソナルトレーニング

体験は随時行っておりますので、

ご興味ある方は芦屋市にあるジムConditioning LABO animomまでお問い合わせください(^^)

 

 

【Conditioning LABO animom公式LINE!!】

お得な情報満載ですので是非チェックしてみてください♫

友だち追加logo_animom_fb_16427

Conditioning LABO

animom

兵庫県芦屋市宮塚町3-4-102

0797-35-3355

芦屋のジム、animomです!!

「痩せたい」「スポーツ種目で強くなりたい」「健康を維持したい」

これら皆さんの想いを叶える為のジムです!!

ぜひ一度体験してみてください!!

ジムでのトレーニング体験も随時受け付けております♪♪

ご覧頂いた方は今すぐにお問い合わせください♪

0797-35-3355

animom HP

芦屋のジム

https://www.instagram.com/conditioninglaboanimom/

インスタグラム

http://imr5.heteml.net/animom/conditioning-menu/#menu1

体幹トレーニング

http://imr5.heteml.net/animom/conditioning-menu/

ダイエット

http://imr5.heteml.net/animom/geki/

こどもの教室

http://imr5.heteml.net/animom/goto-type-menu/

カラダの事を知る

http://imr5.heteml.net/animom/news/blog/

動かし方を知る

http://imr5.heteml.net/animom/news/blog/

思いのままカラダを動かす

カラダの動かし方を意識する

http://imr5.heteml.net/animom/news/blog/

 

 

※このブログは柔道整復師の国家資格保有者である,あしや鍼灸接骨院 院長松本哲が監修しています。

更新情報一覧へ戻る