【むくみ解消で本来のスタイルへ!!】 | 芦屋市のジムでなりたい自分の達成

2020/08/05 | category更新情報, 運動と健康を考える, ブログ

【むくみ解消で本来のスタイルへ!!】

こんにちは!芦屋市でパーソナルトレーニング・セミパーソナルトレーニング

子どもの運動教室をしているジムConditioning LABO animomの高崎です!

 

 

この記事は…

・むくみってなんだ?

・応用可能なむくみの知識(詳しく知りたい人向け)

・ずばり、解消法は!?

について書かれています。

 

 

とうとう芦屋市でも梅雨が明け、明けたと思ったら本格的な暑さになっています(汗

「今年は暑いらしい」と聞きます。

私思うのですが、今年で最後にしませんか?

だって、

 

毎年、暑いんです。

 

毎年言ってしまう気がしますが、夏なんで暑いに決まってるんですよ笑

ただ、年々最高気温は上がってますよね。

35°Cくらいだと驚かなくなりましたし、、、

 

もうクーラーの電源が切れないです。

クーラーの部屋で1日過ごすことも多くなりますが、

 

そんな時に起きやすいのが、びっくりするくらいの”むくみ”です。

今日は辛いむくみについて、詳しく解説していきます。

 

 

【そもそもむくみって何?】

漢字では浮腫と書きます。

腫は、ぷくっとはれるなんて使い方をする漢字ですね。

つまり、むくみは皮膚(正しくは間質内)が膨れ上がるような現象なのです。

 

具体的にどういうことなのかというと、

カラダは約60%が水分でできており、常に循環しているものと考えてください。

その循環が止まると、ある部分に水分が溜まってきます。

 

それが浮腫でありふくらはぎや足首など、カラダの下の方が重力によって好発します。

水風船みたいな感じですね!

 

心臓のポンプ作用によって体内を循環していますが、心臓だけの力ではなく

筋収縮によるポンプ作用も活躍しています。

 

ポンプの強さ(どれくらい強く押し出せるか/どれだけの量を押し出せるか)は人によって違いますが、

それよりも筋収縮の有無や強弱が、体循環のスムーズさを左右するのです。

 

デスクワークや冷えなど筋活動を低下させる要因によってむくみが出やすくなるということになります。

むくみとは、水(体液)の滞りであり筋ポンプの作用が弱まった時に起きやすく

冷えや運動不足が原因だということになります。

 

【もっと詳しく浮腫について!】

※専門的な内容を含みますので、対策だけ知りたい方は飛ばしてください!

 

浮腫の原因になる要素はほかにもいくつか存在します。

・筋ポンプ

・心臓の働き

・疾患の有無

・水分量

・運動

・Na濃度と水分量

・末梢血管の作用

 

ほかにもありますが、大きな原因で考えられるのはこれくらいでしょう。

 

この中でかいつまんで解説をしていきます。

まず、一般によく聞く浮腫の機序から考えていきます。

また、全身性の浮腫と局所性の浮腫がありますが今回はとりわけ局所性のものをイメージしながら展開していきます。

 

①夕方になると脚がパンパン

これは主に重力、筋ポンプ、運動が原因となります。

 

デスクワークなどの同じ姿勢を長時間、水分の補給なしに続けると起きやすくなります。

浮腫は間質、細胞やその隙間などに水分が異常に貯蔵された状態を指しますが、本来は一定量は貯蔵されているべきもので

心臓のポンプ作用や筋ポンプの作用によって余剰分は循環されます。

 

しかし、下半身となると重力の影響で上半身よりも循環にパワーが必要です。

もちろん、健康であればそのような環境でも完全に対応しうるようなカラダの構造になっており、事実上重力の影響は受けません。

 

しかし、筋ポンプ作用や座位による血流の阻害などが起きると静脈(心臓へ血液を戻す血管)の働きは著しく阻害されます。

その結果、間質液が貯蔵を余儀なくされ浮腫が形成されるのです。

よって、この場合の対策は筋ポンプを作動させることになります。

 

特に下半身では下腿(ふくらはぎ)の筋群が強力なポンプ作用を有しますので、屈伸運動やカーフレイズ(繰り返しの爪先立ち)などが有効です。

 

②お酒を飲んだ次の日に顔がパンパン

これは主に、末梢血管の作用、疾患の有無が関係しています。

 

お酒類の一般的な作用として、血管の拡張作用があります。

血管の拡張となると末梢血管への血液の流入量が大幅に増えるため間質液は増加しやすい状態となります。

 

さらにお酒を飲んだ後は、すぐに寝るでしょうから循環障害が起きるというのが自然な考え方ですから、朝になると浮腫が形成されているということになります。

血中のアルコール濃度を下げおくことが対策となりますので、水をしっかり飲むといいでしょう。

また、循環障害への対策として運動など血流を高めることはしないでください。

元々がアルコールの作用によって血管は拡張していますから心拍数を上げることは危険です。

 

以上、一般によく聞かれる浮腫のメカニズムについて示しました。

ただし、注意点はいずれの場合も一過性の浮腫であることを念頭に解説しているものであり、浮腫が全身に及ぶものや繰り返される浮腫、常態化しているものなどは疾患を疑うべきです。

もちろん、浮腫が全て疾患というわけではないですが、ただのむくみと思って見過ごすことは危険であると言えます。

気になる方は、一度お医者さんに相談しましょう。

 

 

【解決方法!】

※疾患によるむくみでなく、一過性のものに対する対処になります。

 

さて、むくみは体液の滞りでしたが対処方法はなんでしょうか?

 

ずばり、循環能力を高めていくことが重要です!

 

例えば運動は最も優れた循環能力の向上方法です。

筋肉の収縮は血管も収縮させ血流を一気に高めてくれます。

 

トレーニングを習慣にしたり、ウォーキングやランニングなど心拍数を高める運動も最適ですね。

また、水泳などは心拍数にも影響しますし、水圧の恩恵を受けられる点でも優れています。

 

ただ、むくんで辛いのは仕事中ですよね。

デスクワーク中はなかなか動けない、、、

という方は、座りながらかかとを上げ下げする運動をしてみてください。

20回くらいが目安です。これを1時間に1回くらい思い立った時にできたら夕方は少し楽だと思います。

 

また、お手洗いなどに立てるともっと楽です。

冷えないように工夫することも大切です。

 

一番は、運動を習慣化して筋肉を収縮させるという習慣を作ることです。

歩くことや、ラジオ体操などでも問題ないので一つ運動週間を身につけていきましょう!

 

子どもから大人、シニア世代まで幅広くサポートいたします。

ご興味のある方は是非一度体験にお越しください!

 

この記事の筆者

高崎 睦也:関西学院大学人間福祉学部を卒業後Conditioning LABO animomでトレーナーとして活動。子どもの運動教室からトップアスリート、高齢者まで様々なクライアントのカラダづくりに携わる。

 

監修

柔道整復師  松本 哲:大学卒業後国家資格である柔道整復師の資格を取得。2012年Conditioning LABO animom設立。スポーツ選手芸能関係者から子どもまで、多くのクライアントの肉体改造や治療に携わる。あしや鍼灸接骨院院長/柔道整復師/日本サッカー協会公認B級コーチ/キッズリーダー

 

 

 

パーソナルトレーニングセミパーソナルトレーニング

体験は随時行っておりますので、

ご興味ある方は芦屋市にあるジムConditioning LABO animomまでお問い合わせください(^^)

 

 

【Conditioning LABO animom公式LINE!!】

お得な情報満載ですので是非チェックしてみてください♫

友だち追加logo_animom_fb_16427

Conditioning LABO

animom

兵庫県芦屋市宮塚町3-4-102

0797-35-3355

芦屋のジム、animomです!!

「痩せたい」「スポーツ種目で強くなりたい」「健康を維持したい」

これら皆さんの想いを叶える為のジムです!!

ぜひ一度体験してみてください!!

ジムでのトレーニング体験も随時受け付けております♪♪

ご覧頂いた方は今すぐにお問い合わせください♪

0797-35-3355

animom HP

芦屋のジム

https://www.instagram.com/conditioninglaboanimom/

インスタグラム

http://imr5.heteml.net/animom/conditioning-menu/#menu1

体幹トレーニング

http://imr5.heteml.net/animom/conditioning-menu/

ダイエット

http://imr5.heteml.net/animom/geki/

こどもの教室

http://imr5.heteml.net/animom/goto-type-menu/

カラダの事を知る

http://imr5.heteml.net/animom/news/blog/

動かし方を知る

http://imr5.heteml.net/animom/news/blog/

思いのままカラダを動かす

カラダの動かし方を意識する

http://imr5.heteml.net/animom/news/blog/

 

 

※このブログは柔道整復師の国家資格保有者である,あしや鍼灸接骨院 院長松本哲が監修しています。

更新情報一覧へ戻る